年齢によって異なるイボの原因

目の下にたくさんのイボができた!場合の対処法

年齢によって異なるイボの原因

目の周りにできるイボは年齢によって多少異なっています。ウイルス性のものもあれば、若い頃にできるニキビのようなもの、加齢と共にできやすくなるイボなどです。主な理由はウイルス性と加齢によるものです。
ウイルス感染によるイボは10代や子供など若い人に多く見られています。目の周りのほかにも手足にできやすく、扁平ゆうぜいと呼ばれています。肌色っぽい色をしており、顔に沢山できてきます。触ると移るため顔に多くできる場合もあります。また、ニキビとも似ていて赤みを帯びて治療方法を間違える場合も考えられるでしょう。放置しても自然治癒しますが、ほかに移るため早めに病院で治療する方法をおすすめします。
年齢と共にできやすくなるのが老人性ゆうぜいや脂漏性角化症です。茶褐色から黒い色、年々大きくなったり数が増える傾向があります。肌色のような色も見られますが、茶褐色のことが多いようです。老人性といっても20代に発生することがあるため一概に年齢だけでは判断が付きません。目の周りに最初は肌色ぽい盛り上がりができて、徐々にシミのように色が変化することもあるようです。若い方でも紫外線に多く当たる機会がある方は、ウイルス性のイボではない可能性も見られています。


ホーム RSS購読 サイトマップ