目の下のイボを病院で取る方法

目の下にたくさんのイボができた!場合の対処法

目の下のイボを病院で取る方法

目の下のイボは種類によって治療方法が異なっています。
ウイルス性のイボの場合、ハトムギの成分であるヨクイニンエキスを塗ったり、液体窒素で患部を凍結させかさぶたにしてから除去します。このイボは自然治癒も可能ですが、治るのに時間がかかるとほかの部分にも移るため、病院で治療し早めに除去したほうが良いでしょう。子供の指や若い年齢の方の顔の周りにもできることがあります。以前は電気メスで取り除いていましたが、指先だと麻酔の注射を打つのに痛みを要すため、最近では液体窒素を利用することが多くなっています。
老人性ゆうぜいや脂漏性角化症の場合も液体窒素やレーザー、ハサミ、電気メスなどが利用されています。老化の一種で患部を除去しても問題はありません。ただ大きくなると跡が残ったり色素沈着することもあるため早めに除去するとよいでしょう。
稗粒腫といって目の周りに白いイボのよなものができるタイプは、メスなどで切開し中に溜まった角質の塊を除去します。細い針のようなもので先端を壊し、中から出す方法もあります。
目の周りのイボは種類によって治療方法が異なるため、まずは皮膚科を受診しどの皮膚炎なのか明らかにすることです。どの治療方法も比較的簡単なやり方です。


ホーム RSS購読 サイトマップ